小学校入学後 生活 慣れる

小学校入学後の生活に慣れるための準備

小学校に入学することは、
子供にしてみれば新生活の始まりです。
しかしそれまでの生活とは大きく違うものでもあります。

 

小学校入学後の生活もかなり変化しますので、
ちょっとずつでも準備しておく必要があるでしょう。

 

まずは規則正しい毎日のルーティーンを
身につけておくようにしておきたいものです。

 

小学校の開始時間は朝早く、学校にいる時間も、
保育所や幼稚園と比較すると長時間です。

 

小学校に入学する時点で早寝早起きの
習慣がついているようにしておきましょう。

 

小学校に入学した後は、朝から様々用意することがあります。
子供ができる範囲で準備できるようにしてもらうためにも、
時間には余裕をもって起きることが理想です。

 

時間がないと朝ごはんを食べられなかったり、
着替えを親が手伝ってしまっては、
子供にはいいことではありません。

 

子供がやるべきことは、
子供が自分でできるようにしてあげることが親の責任です。

 

まだ一人では難しいようなことがあったとしても、
積極的に手伝うのではなくフォローしてあげる程度にすべきでしょう。

 

小学校に行けば、子供が自らやらないといけないことが、
それこそ山のようにあるのですから。

 

整理整頓をするにしても、単に片づけなさいと言うだけではなく、
片付けがやりやすいように備えてあげると子供自身でできます。

 

例えばおもちゃなどを片づける時に、ダンボール箱があれば、
子供は自分で考えて、その中に片づけます。

 

このようなことを繰り返し行うことで、
整理整頓が上手になるのです。

 

子供が小学校入学後の身の回りの変化に混乱しないように、
規則正しい生活が自分でできるように備えてあげましょう。