小学校入学 心構え 接し方

小学校入学で心構えができていない子供への接し方

小学校に入学する直近までは、あれこれと目を輝かせながら
準備をしていた子供が、いざ通い始めてみると、
学校に馴染めてないように感じることがあるかもしれません。

 

小学校に入学することで、心構えができていない子供は、
必ずしも少数派ではないのです。

 

自宅ではいつもと変わらずに活発なのに、
学校では逆に大人しくて消極的。
子供がそのような感じなら親として不安になるのは当たり前です。

 

だからと言って親がそこに深入りしすぎるのは、
子供にしてみれば決して好ましいことではありません。

 

小学校入学に心構えができていないとはいえ、
何日かするといつも通りになることもあります。

 

もちろんかなり時間がかかることもありますが、
その子供が環境に適応するまで
必要な時間なので急いではいけません

 

親がその時間に入ってしまうことは、
逆に学校に順応できなくなることさえ考えられるのです。
小学校に入るということは子供にとってかなり重大なことなのです。

 

子供にとってはそんな体験は今までにないことなので、
どう対応していいのかなどわかるはずはありません。

 

しかしそれはみんな体験することだし、
子供が成長していく過程でとても大事なことなのです。

 

万が一子供がそのようなことになっても、
自宅では普段と同じように接してあげましょう。

 

学校になじめないことは親よりも本人の方が悲しいのです。
子供は親の顔をよく観察しています。
不安そうな顔で見られると子供も自信が持てなくなります。

 

きっと学校に慣れていくと信用し、子供を支えてあげてください。
自分の子供の小学校入学は、親にも同じような心構えが必要なのです。